[悩めるDIY] 黒板の壁づくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです。

8月からオオミシマスペースの改修工事が進み、自分たちができることはDIYしているのですが、ひとつひとつつまづいています。
そのうちのひとつが黒板壁。
失敗しながらもやっと完成したので、レポートします。

ワークスペースの壁2面を黒板に

資料などを磁石でペタペタ貼り付ける壁にしたくて、磁石がくっつく黒板をワークスペースの壁2面にデカデカとつくることになりました。

磁石がつくように、大工さんにガルバニウム銅板を貼り付けてもらいました。
壁一面の黒板なので、黒板の中にコンセントがある不思議な光景。

塗装前はこんな感じ。(すでにパテ埋めとサンディング後の写真しか残してなかった)

 

そして、いよいよ塗装

の前に、まず養生して、すき間をパテで埋めます。

使用したのはコレ。よくホームセンターでも見かけるかべパテ
すき間を埋めたら、180番くらいのサンディングペーパーでサンディング。
工務店さんがマキタのサンダを貸してくれたので、仕事がめちゃ捗る。

 

銅板に塗料はのらないので、ミッチャクロンマルチを全面にスプレー。(サンディングをちゃんとすれば不要かな?)

 

そしていよいよ塗料ぬり。
黒板塗料は数種類ありますが、水拭きもできるというCOLORWORKSのKAKERU PAINTを選択。
はしは刷毛で、広い面はローラーを使ってぬりぬり。

1度塗りの翌日、二度塗りして、養生を剥がすと…


マスキングテープとともに端っこがペローンと剥がれてしまった…ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

うーん、1時間程度で乾くところ、1日放置したのがいけなかったのか。
いろいろ調べると、塗りたて数日はチョークでも塗料が剥がれちゃうので3日間くらいしっかり乾かすと剥がれにくいらしい。

そこで、3日間しっかり乾かしてから、まず剥がれたところをサンディング。
確かに、しっかりくっついていて、ペローンの二次被害はなかった。

サンディングしたら、剥がれてガルバニウムが露出しているところに、ミッチャクロンをたっぷりスプレー。
(塗料のところにかかると剥がれてしまった…けど、気にせず進む)

ミッチャクロンが乾いたら、剥がれたところだけ刷毛でぬりぬり。

3日間しっかり乾かして、端っこをカッターで切り目を入れ(まっすー案)、刷毛とローラーで3度塗り目。

乾く前に養生を剥がすと…

剥がれなかった!

2面ともキレイ!嬉しい!

3日以上しっかりかわかしてから、チョークで何かかいてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)